2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
<連載> 日本人のための「日本語のエッセンス」 (第 1 章 アイデンティティの表現)
2007 JUL 7 shinbashi 2 (13)440pc 日本人のための「日本語のエッセンス」 

連載<日本人のための「日本語のエッセンス」>を始めました.

スペイン語話者のために出版した『日本語のエッセンス』(La esencia del japonés)の日本人向け版を考えています。

 久しぶりに帰って来た日本社会には思うところが多いですが、とりわけ、メディアを通して聞く「日本人の話す日本語」には、どうしたものか、と頭を抱えてしまう有様です。今日の日本語にいろいろ感じたことを含めて日本語をもう一度見直してみたい、と思ったことが、この連載を始める動機になっています。

 

 

第 1 章 アイデンティティの表現


アイデンティティ」とは何ぞや。日本では「主体性」とか「自己同一性」とかに訳されているが、要するに、「お前は何者だ」という問いにどう答えられるか、ということである。つまり、自分が自分であることの根拠・理由を自分できちんと把握し、それを他の人々に納得できるように日本語で表現しよう、というのがこの章の目的である。いわゆる「自己紹介」をもう一歩踏み込んで考えてみるのである。


大勢の前で自己紹介する場面を想定してみよう。

まず「初めまして。山田太郎と申します」と挨拶する。

日本語を勉強中の外国人は、この「山田太郎と申します」だけではどうも物足りなく、「私はフランシスコと申します」のように「私は」を付けたくなる。こうした場合、日本人には「私は」は付けなくてもいい、というより、寧ろ付けたら何か変だ、と思う。しかし、大抵の外国人には主語を示さなければ「誰が山田太郎なの?」と突っ込みたくなるらしい。スペイン語なども一見主語を示していないように見える構文があるが、それらの表現も動詞が人称を示すから、日本語の主語無し構文とは事情が違うのだ。

 

そこで、日本人が「私は山田太郎と申します」と言うのは、どんな場面か、考えてみよう。


例えば山田さんを紹介する人が「それでは山田次郎さん、お願いします」と名前を間違えた場面で、紹介された当の山田さんが「初めまして。【私は】今紹介して頂いた山田【太郎】と申します」と苦笑しながら挨拶する様子が想像できる。


この場面で【私は】を付けることによって「違いますよ。私の名前は次郎ではなくて太郎ですよ」ということを強調することになる。つまり、「私は」とすると「私と他の人と間違えないでほしい。私【は】太郎です」のように「私」を「他の人」と区別して、その「私」が「何という名前か」を聞いている人に注目させる【は】の機能が見えてくる。

【は】は述部に注目させる役割を活かした表現なのである。

 

それでは、助詞「は」の代わりに「が」を使うとどんな感じになるか。外国人にとってこの「は」と「が」の使い分けは日本語の上級者でも難しいものだ。

では、日本人が「初めまして。【私が】山田太郎です」と言うのはどんな場面か。

例えば山田さんを紹介する人が「では、次は山田太郎さん、お願いします」と言って山田さんでない人のほうを向いたりしている場面が想定できる。そこで山田さんが立ち上がって「【私が】山田太郎です」と【私が】と言いたくなる場面である。すなわち「大勢いるこの中で、山田太郎というのはこの私です」と表明しているのである。

ここでの【が】は、主語の「私」を大勢の中からピックアップして聞いている人に注目させる機能がある。

 

このように、機能の点から言うと「は」と「が」は本質的に違う助詞である。「は」は係助詞で「が」は格助詞に分類される。

すなわち、「は」は主格を示す助詞ではなくて、「話そうとしているテーマ部分に付いて、あとに続く説明部分の述部に聞き手を注目させる」役割を持つ。

ここで示した例で言うと「私は…」は「私について言うと…」ということである。


一方「が」は主語を示す機能を持つが英文法で言う主格とはやや趣を異にしている。むしろ「が」の役割は「主語に当たる部分を際立たせ、強調することによって、普通とは違う響きを聞き手に伝える」ことにある、と言えるだろう。


こんなわけで、日本語では「私は」や「私が」のような「有テーマ」「有主語」の会話文は寧ろ話し手の意図の入った「色のついた文」になり、「無テーマ文」「無主語文」が「特別な意図の無い文」つまり「聞き手に余計な色を感じさせない会話文」になるのである。



<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ 


関連記事
スポンサーサイト

tag : 日本人のための「日本語のエッセンス」 アイデンティティ

 
Secret
(非公開コメント受付中)

バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ