2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
日本語のエッセンス(18)「ベニス【で】死す」か「ベニス【に】死す」か 

(*写真:映画「ベニスに死す」のポスター。日本語のタイトルのつけ方も素晴らしい)


日本語のエッセンス(18)「ベニス【】死す」か「ベニス【】死す」か 

 

トーマス・マンの小説ベニスに死す』という作品がある。のち映画もなり、この題名が記憶にある人も多いと思う。

 

面白いのは「ベニス【】死す」はなく、「ベニス【に】死す」という日本語題名の助詞の使い方だ。

 

「ベニス死す」だったら、あまり記憶に残らないかもしれない。「ベニス【に】死す」の【に】が印象的なのだ。

 

「ベニス【】死す」は、単に「ベニスという都市で彼は死んだ」だけの話で、題名から受けるイメージは想像力にあまり働きかけない。【で】は「その場所の範囲内で」ということだから、「ベニスで死す」という題名には「ああ、そうですか」としか言い様がない。

 

ところが、「ベニス【に】死す」という題名を突きつけられれば、誰でもこの【に】が気になるだろう。この【に】には、

 

「様々な町を経巡り、何処で息絶えてもおかしくなかったが、結局、ベニスに終息地を定めたように、その死を迎えた」と、この人物の「意思が最終的に舞い降りた着地点」が指し示されているのである。

 

同じ場所を指す助詞【で】と【に】の違いを、もっとはっきり分かる例を考えてみよう。

 

子供が宿題の作文を畳に寝転がってノートに書いていたとする。

母親は、「そんな所で書かないでちゃんと机【で】書きなさい」と言う。

 

この時点で母親は「書く」という「行為をする場所」を指定したのであって、「書く」という行為、すなわち、鉛筆の芯の「着地点」を机にしているのではない。その場合は「ちゃんと机【で】ノート【に】書きなさい」と言うのである。

 

 

このように【に】は「着点」を指す性格を持つのだが、一見「起点」を指すかのような顔を見せることがある。

 

例えば、「私は本を彼【に】渡された」のような受身の文に使われる【に】である。これは「私は本を彼【に】(よって)渡された」の(よって)が隠されていると考えれば良い。

 

「私は本を彼【に】(よって)裏切られた」の【に】は、「私に本を渡した対象を彼と定める」働きを持つ。即ち、「ベニス【に】死す」の場合の【に】と同様に、「対象を最終的に定め、そこを着地点と見定める」働きが表されているのである。

 

一方「彼に(よって)」の「よって」は「拠って」であるから、「それが原因・理由となって」の意味を持つ。即ち、この「よって」が「起点」を示す。

 

ところが、その「起点」を示すべき表現が隠されて、「彼【に】渡された」のように、【に】にだけ、この場の「対象と定める【着点】」と「それが原因・理由となる【起点】」の二つの役割を背負わされてしまった。結果、表面的には、あたかも【に】に「起点」の働きのみが在るように見えるのである。

 

さて、もう一度「ベニス【に】死す」に戻ってみよう。この人物はベニス以外の町で死ぬ可能性があったかもしれないが、彼の意思が「自分の死に場所はベニス」と定めた、つまり「自分の死に場所」としてベニスを最終的な意思の「着点」としたのである。

 

こうして改めて格助詞【に】を見ると、一見飄々として目立たないが、その芯の強さ、覚悟の持ち方は、なかなか格好良く、哀愁さえ漂うではないか。




<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ



関連記事
スポンサーサイト

tag : 日本語 日本語教育 国語 ベニスに死す

 
Secret
(非公開コメント受付中)

バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ