2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
バルセロナのサムライ「ガウディの遺言」(2)八頭龍(おろち)
images オロチ2


バルセロナのサムライ「ガウディの遺言」(2)八頭龍(おろち

 

 それは、あの「黒ずくめの男」から放たれた手裏剣がサムライの鼻先をかすめた出来事から二週間後のことだった。


 バルセロナの街なかに聳え立つ、巨大な八頭龍(おろち)を思わせる建物がある。スペイン、カタルーニャの天才建築家アントニ・ガウディの最高傑作と謳われているサグラダ・ファミリアSagrada Família / 聖家族教会)である。着工からすでに百年以上経つが、現在もなお建設が続けられている。

 この奇怪な生き物のような教会は完成すれば十八の頭、つまり塔が聳え立つことになるという。現在は八つの頭が天に向かって突き抜けている。

 そのうち「生誕のファサード」の四つの頭、即ち四本の尖塔部分を、秋も深まった1123日、ようやく暁光が雲間から差し始めた早朝、向かいのマンションの屋上から右から一本ずつ順番に双眼鏡で覗いていた少年がいた。 

 一本目、二本目、そして三本目の尖塔に移ったとき、その先の部分に何か奇妙な物体がぶら下がっているのに気づいた。双眼鏡の焦点をそのボールのような物体に合わせて見ると、それは左右にゆっくりと振り子のように揺れていた。

 ちょうど雲間からオレンジ色の暁光がそれを照らすと、少年は獣のような叫び声を挙げた。

 

少年は明け方の光がゆっくりとバルセロナの街を照らし出す光景が好きだった。この二百万都市の喧騒が夜の帳(とばり)を降ろして深い眠りに入り、やがて暁光が差し込み、また快活な一日の始まりを告げようとする早朝のこの時間が、一番好きな瞬間であった。

 が、今しがた少年が双眼鏡の中で見た光景は、ようやく微睡(まどろ)みから目覚めようとするこの美しい街に、バルセロナの歴史上かつて無かった戦慄と恐怖を与えた。

 少年がまだ微睡む曙の静寂を切り裂くような叫び声をあげたその先には、サグラダ・ファミリアの尖塔があり、その先端部分に、どす黒い、歪(いびつ)なボール状のものがぶら下がっていた。注意深く目を凝らして見ると、それは、紛れもなく人の生首だった。

 髪を頭の上のほうに束ねて、それにロープを結わえ、尖塔の先端部分に引っ掛けられていた。風に揺られ左右に揺れながら、その首は何かに耐えながら微かに笑っていたように見えた。喉の半分ぐらいから切り取られ、夥(おびただ)しい赤黒い血を垂れ流していた。



<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

関連記事
スポンサーサイト

tag : スペイン バルセロナ サグラダ・ファミリア おろち ガウディ

 
Secret
(非公開コメント受付中)

バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。