2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
サンテイアゴ巡礼2015『ポルトガル人の道』独吟完歩30日「初日:さかしまに」
 


サンテイアゴ巡礼2015『ポルトガル人の道』独吟完歩30日「初日:さかしまに」

 

さかしまに

葡萄牙(ポルトガル)への

道の菊

 

昨年すでにスペイン北部の東端の町ハカ(フランスとの国境沿い)からSant()Yago(ヤコブ)の霊が祀られているとされるサンテイアゴ.デ.コンポステーラの大聖堂までの約850kmの巡礼独吟完歩の大願を成就したが、その達成感のあとに訪れて来た「巡礼レス」を払拭すべく、この夏は出発点をサンテイアゴにして、ポルトガルを縦断し、アンダルシアへ抜けて行く、という素晴らしいアイデアを実現することにした。

 

今回はかなり余裕を持たせた日程を自分に用意した。さあて、どこまで行けるか、楽しみである。まずは『ポルトガル人の道』606kmを完歩踏破する。

 

前回の巡礼行脚と同様、今回も「一日一句」を自分に課し、自らの行動に多少の責任感を持たせるように仕掛けをした。

 

ということで、2015628日の今朝、スペイン時間の10時半から歩き始めた。この異常に遅い出発時間は新たな巡礼手帖を入手すべく長蛇の列に並ぶなど、様々な準備のためでもあるが、昨日サンティアゴ近隣の小さな漁村を訪れ、良い食事とワインをたっぷり楽しんだことも大いに影響があったかもれないことを告白しておく。

 

今朝は初め雲り空で凌ぎやすかったが、昼近くになるといつの間にか、その雲が何処かへ消え去り、徒歩の旅人にとっては、直射日光との闘いになる。

 

野宿覚悟で加えた一人用テントやマットの重さも加わったリュックは、さすがに肩にずしりと掛かってきてはいたが、それでも、1年ぶりの巡礼で心も足取りも軽く、順調に進んだ。14:00頃、巡礼路のバルで昼食を摂()って一休みし、もう一息、と続けて、サンテイアゴSantiago de Compostelaの大聖堂からMilladoioroRua de FrancosTeoArealEsclavitudeCambelasSanta María de Iriaを抜けて17.3025.2kmを歩き切り、本日の宿泊予定地パドロンPadoronに到着した。

 

 

さて、上に示した句には、

 「普通の巡礼者が行く方向とは逆に、サンテイアゴからポルトガルへの道を、道端に可憐な花を咲かせている野菊に訊()いてみようか」という心情で浮かんだ句である。

 「ポルトガル人の道」を南下して、リスボンに着き、更にスペインのアンダルシアに抜けて行き、ウェルバを通り、スペイン南部の海岸をなぞる、ことになる今回の旅のプランに胸踊らせている自分の心の映(うつ)しでもある。

巡礼路には進むべき方向を指す矢印がところどころに示されている。大きな石や電柱や建物の壁などに大きくわかるように書かれている。普通は黄色の矢印だが、巡礼路を逆方向に歩く人のために、青色の矢印が書かれている箇所もある。
私は、今回その青色の矢印に沿って歩けばいいのだが、何しろ逆歩巡礼者は週数はである。黄色の矢印ほど頻繁に示されてはいない。青色が見当たらない場合は、黄色の矢印を逆方向に行けばいいのだが、実際に歩いてみると、どうも歩く道が違っている場合がある。

そんなわけで、逆歩巡礼者は道に迷うことも覚悟して準備に取り掛からなければならないだろう。今回、背負ってきたテント・マットはその覚悟の証でもある。山中で迷い、日が暮れてきた時のために、野宿も覚悟、というわけである。とにかく、長い時間、矢印を見なかったり、人影さえも見当たらない場合に、この青や黄色の矢印が現れたときは、正直、ホッとし、嬉しいものである。

 

 

初日は、どうしても疲れを感じるものだ。だが、シャワーを浴び、この文章をアルベルゲの食堂で書いていると、隣のテーブルのスペイン人グループからパスタ料理の招待があり、心身共に生気が蘇ってきた。

そのうち、このスペイン人のグループの一人が見事な「コプラ」を披露してくれた。

 

いい出発日となった。この調子でリスボンまでの606kmを完全行脚で踏破だ。


20150815_234315.jpg 
20150815_234145.jpg
20150815_234425.jpg
20150816_000504.jpg
20150628_072607.jpg
20150628_093327.jpg
20150628_113100.jpg
20150628_124638.jpg
20150628_124825.jpg
20150628_114341.jpg
20150628_125003.jpg
20150628_135403 440pc
20150628_131728 440pc
20150628_140448 440pc
20150628_142108 440pc
20150628_143828 440pc
20150628_151751.jpg
20150628_163431.jpg
20150628_155210.jpg
20150628_163734.jpg
20150628_172205.jpg
20150628_220236.jpg
20150628_220307.jpg


この日の宿泊宿で、スペイン人グループの女性が、スペイン歌謡「コプラ La Copla」を披露してくれた。最後はちょっと照れてしまったようだ。そのビデオ(クリックすると動画が見られます)
                                             
www.facebook.com/shuji.amano.53/videos/vb.100002351322596/921523297936039/      

<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

関連記事
スポンサーサイト

tag : サンティアゴ巡礼 スペイン ポルトガル人も道

 
Secret
(非公開コメント受付中)

バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ