2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
<連載>サンティアゴ巡礼2014年独吟36句「20日目の句」
みつばちのささやき3 440 imagesM6IW1E6C  

<連載>サンティアゴ巡礼2014年独吟36
      「
20日目の句」



朝露を

黒い瞳の

少女駆け

 

 

 スペイン北部の巡礼路を歩いていると、この風景はどこかで見たことがある、と感じる。その記憶が鮮やかに蘇った。

 

朝露残る緑の中、赤茶けた土が細い道を際立たせ、その道に沿って、なだらかな丘を下って行くと古い廃屋に辿り着く。転がるように駆けて、その道を下りて行くのは、黒い瞳が印象的な少女アナだ。

 

昔、札幌の名画座で観た「ミツバチのささやき」(スペイン語題はEl espíritu de la colmena直訳すると「蜂の巣の精霊」)の忘れられぬシーンだ。主人公の少女を演じた当時7歳だったアナ・トレントの無垢な演技は忘れがたい。ビクトル・エリセ監督の名は、この一粒の真珠のような作品で、多感な少年だった私の胸に深く刻まれた。

 

この廃屋には負傷兵が逃げ込んでいて、アナは密かに食べ者を差し入れに来ているのである。

 

この負傷兵はアナにとって「フランケンシュタイン」だ。アナは町にやって来た移動映画『フランケンシュタイン』の中に自分を投影させ、フランケンシュタインとの出逢いを夢想する。そして、傷ついて廃屋に逃れて来た兵士にそれを重ね合わせる。そうした夢想シーンにアナの瞳は畏れと好奇心で無垢に輝く。

 

この映画はフランコ政権軍が人民戦線政府に勝利し、スペイン内戦の終結直後の1940年を舞台とし、フランコ独裁政権が始まる当時のスペインの孤愁感を漂わせて暗示的でさえある。

 

実際に撮影に使われたのはセゴビアの村だったが、私にはずっと北スペインのイメージがあった。サンティアゴへの道こそ、アナが転げ落ちるように廃屋へと駆けていったあのシーンが、目の前にあるこの北スペインの風景と見事に重なったのだ。

 

私がスペインに惹かれたのは、この映画を抜きにしては語れない。

 

今朝はまだ暗いうちからCarrión de los Condesのアルベルゲを出て、Calzadilla de la CuezaLédigosを通り抜けた。途中、ひまわり畑が続き、よく見ると、大きな花の部分が人の顔に見えてきた。面白いな、と思いながら他のひまわりも見てみると、その辺はみんな人の顔になっていた。

たまたま人の顔に似ているのではなくて、誰かがひまわりの花に細工していたのだ。 

 

そんなゆったりした時間も持ちながら、本日の宿泊予定地Terradillos de los Templariosのアルベルゲに到着した。まずはビール一杯。ホッとする瞬間だ。

 

サンティアゴまで382.0km。

みつばちのささやき1 440 imagesCK11PC1Q みつばちのささやき2 440 images みつばちのささやき3 440 imagesM6IW1E6C みつばちのささやき4 440 images みつばちのささやき5 440 images 1408600026267 20日目 1408600582473 20日目 1408600606337 20日目 道 1408609051727 20日目 ベストショット 1408615497787 20日目 道 1408609133734 20日目 1408616156754 20日目 1408618112576 20日目 1408618281300 20日目 花 1408623404323 20日目 定食 1408623520293 20日目 定食 1408624084127 20日目 定食 1408625344080 20日目 1408649101925 20日目 1408649300600 20日目
IMGP0680.jpg IMGP0681.jpg

<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

 


関連記事
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ