2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   03≫
スペイン語はいかが (22) 「ヤ・ユ・ヨ」と「ジャ・ジュ・ジョ」の音は同じもの ?

D003099-R1-00-0A 盾X1200拡大 

(写真:バルセロナ近郊にある奇岩で有名な山モンセラットMontserrat。スペインの鬼才画家ダリなどの作品の着想に影響を与えたと言われる)


スペイン語はいかが (22) 「ヤ・ユ・ヨ」と「ジャ・ジュ・ジョ」の音は同じもの ?




ヤ行を観てみよう。


まず、ヤで始まる日本語。人に会ったときの軽い挨拶「やあ」に似た発音のスペイン語にyaがある。これは「すでに」「すぐ」の「もう」の意味になる。ただ、発音は「ヤア」よりも「ジャ」のほうが通じやすい。


「ヤ・ユ・ヨ」と発音する時に舌を下顎や下の前歯の裏に触れると「ジャ・ジュ・ジョ」という音が出る。スペイン語では「ヤ・ユ・ヨ」の音と「ジャ・ジュ・ジョ」の音は同じもとして認識するのだ。



例えば「私」はスペイン語でyoと書くが発音は「ヨ」と「ジョ」のどちらでもよい。
ところで「ya・yu・yo」と同じように「ジャ・ジュ・ジョ」と聞こえるものに「lla・llu・llo」があるんだ。


そこで「ジャ」行の日本語を探してみよう。


日本語で「邪魔」の発音のスペイン語に「llama」(呼べ)がある。Llamame(私を呼べ。私に電話をかけてくれ)のように使う。また名詞としては「炎」の意味。アンデス地方の動物「リャマ」のつづりでもある。





<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ





スポンサーサイト

tag : スペイン語 ヤ行 ジャ行 llama

 
スペイン語はいかが (21)mamáとmama、papáとpapa、Papa

(*写真:スペイン、アンダルシア地方のグラナダ。アルハンブラの宮殿にて)



スペイン語はいかが (21)mamámamapapápapaPapa

さあ、マ行で始まる日本語を見てみよう。

まず「マ」から。日本語「孫」に似た発音のスペイン語はmago(魔術師)。これはストレートに「孫は魔術師」で覚える。日本語の「ママ」(お母さん)は最初の「マ」にアクセントがあるがスペイン語のmamáは後ろにアクセントが来る。papáも同様だ。これをmamaとアクセント記号なしで前にアクセントを置くと「乳房」の意味になる。「乳がん」はcancel de mama(カンせる デ ママ)となる。


ついでに言うと、

 

「マ」で始まる日本語の発音に似たスペイン語は、他にmar(マル「海」)又は mal(マる「悪い」)が」ある。



魚の「マス」の発音では
más~(もっと~)がある。

日本語の「又」に似た発音ではmata「彼・彼女・あなたが殺す」。matar(マタール「殺す」)の三人称単数形)。だから日本語の別れの挨拶「じゃ、また」の発音を写したスペイン語表現ya mataは「もう、(彼は)殺す」の意味になるからちょっと怖いね。

 

次に「ミ」で始まる言葉。日本語「見る」の発音のスペイン語mil(ミる)は「千」の意味になる。「ム」「メ」を飛ばして「モ」で始まる日本語「もう」の発音に似たスペイン語moho(モオ。hは発音しない)は「黴(カビ)」の意味。日本語「モコモコする」の「モコ」の発音のスペイン語moco(鼻水)がある。


「物」の発音のスペイン語
mono「猿。可愛い」がある。¡Qué mono!(なんて可愛いんだろう!)のように使う。女性名詞に対してはmonaとなる。bonito/a(ボニート/ ボニータ)は「きれい」に近い「可愛い」だ。「きれい」の意味のguapo/a(グアポ/ グアパ)が人に使われるとguapo「イケメン」guapa「美人」になるんだ。

日本だと赤ん坊には「可愛い」と言うのが普通だけど、スペインでは ¡ Qué guapo/a!(なんてイケメン / 美人なんだ!)と大人を褒める表現を使うのが普通なのである。スペイン語では赤ちゃんの性別を間違えないように褒めなければならない。他人の家の犬や猫を「可愛い」と褒めるときだってオスかメスか、つまりmonoなのか monaなのかを瞬時に判断して使わなければならないのだから大変だね。

 

<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ

tag : スペイン語 日本語 マ行 mamáとmama、papáとpapa、Papa

 
スペイン語はいかが(20)マリアはもっと美人だよ
  

(*写真:スペインの古都トレドを俯瞰(ふかん)する)


スペイン語はいかが(20)マリアはもっと美人だよ

 

「マ」行に行こう。

日本語「増(ま)す」の発音ではmás(もっと。さらに)がある。「もっと増す」と覚えておこう。次のように使うといい。

 

Yo tengo más amigos que tú.(ジョ テンゴ マス アミゴス ケ トゥ / 私は君よりもっと友達を持っている)

 

más que」で比較級「よりもっと~」の文が簡単に作れるんだ。

 

形容詞を使って、「マリアのお母さんは美人だね」という友人の言葉に「でも、マリアはもっと美人だよ」と反論したい場面では、

 

María es más guapa que su madre.(マリア エス マス グアパ ケ スー マドレ / マリアは彼女のお母さんより美人だ)のように切り返せる。

 

それに加えて「うん、クラスで一番きれいだね」と言うときの

最上級は「el / la más」を使う。

 

María es la más guapa en la clase.(マリア エス ら マス グアパ エン ら クらセ / マリアはクラスで一番美人だ)

 

このほかにmásにはmás o menos(マス オ メノス / だいたい。約)のような表現がある。ちょっと自信のないことを言ってしまった後でmás o menosを付け加えればいい。断定した物言いを避けたがる日本人には便利な表現だろう。

 

másが「もっと多い / mucho(ムーチョ)の比較級」ならmenosは「もっと少ない / poco(ポコ)の比較級」だ。真ん中の「o(オ)」は「y(イ)/ と。そして」の反対で「または」の意味で使われる。

 

「又(また)」の発音のmataは(第三人称またはustedあなた)が「殺す」の意味だ。物騒だが「(生き返ったら)また殺す」と覚えればいい。例えば次のような文になる。

 

Él mata la cucaracha (エる マタ ら クカラッチャ / 彼がゴキブリを殺す)

 

ちなみに、日本語の「じゃ、またね」をYa matame.(メ)と聞き違えると「もう私を殺せ」の意味になるからご注意。「じゃ、また」の代わりにYa te mato.(ジャ テ マト / もう君を殺す)とbroma(ブロマ / 冗談)を言うのもいいかもしれない。

 

「丸(まる)」の発音ではmar(海)がある。船の名前で「海丸」と覚えておこう。marの「r」を「l」にするとmal(マる / 悪く)という副詞になる。これはbien(ビエン / 良く)の反対語だ。例えば次のように使うんだ。

 

¿Cómo estás?(コモ エスタス / 元気?)

(Estoy) muy bien, gracias. ¿Y tú?(エストイ ムイ ビエン / すごく元気だよ。君は?) 

Me siento un poco mal(メ シエント ウン ポコ マる / 少し気分が悪いんだ。)

 

→「Me siento」はsentirの再帰形で「私自身に感じる」という意味だ。

un poco」は「少しある(肯定的)」で、「poco」だけだと「少ししかない(否定的)」になるから注意だ。ちなみに、poco a pocoは「少しずつ」の意味になる。

 

縮小辞(-ito,-ita)を使ってun poquito(ウン ポキート)と言えば「ほんの少しだよ」の意味合いになる(poco+itopoquito)。日本語の「~ちゃん」にあたる縮小辞を生き物以外にも使うところが面白いね。「~ちゃん」として「-ito,-ita」を使う例としては、アルゼンチンのペロン大統領の妻だったエバ(Eva)が親しみを込めて呼ばれたエビータ(Evita)が有名だ。

<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ 

tag : スペイン語 比較級 最上級 ~ちゃん

 
スペイン語はいかが(19) 去年愛した人、明日愛する人
D000326-R1-25-25 (1)
(写真:セビリアのスペイン広場)

スペイン語はいかが(19) 去年愛した人、明日愛する人

 

ハ行の「は」のあと、「ひ」を飛ばして「ふ」で始まる日本語の発音に似たスペイン語を観てみよう。

 

「風呂」の発音ではjuro(私は誓う)がある。jurar(誓う)の第一人称だ。「風呂で誓う」とイメージしておこう。スペイン語のハ行は「喉に刺さった魚の小骨を取る気持ち」で発音することに留意する。

スペイン語は主語を示さないことが多いから、例えば、

Juro que te amo.(フロ ケ テ アモ / 君を愛してることを誓うよ)

のように使う。従属節を作る「que」を使うところがミソだね。

 

日本語の動詞の活用は主語によって変わったりしないから、主語が変われば動詞の活用も変わるスペイン語は厄介に感じるかもしれないけど、一旦覚えてしまえば主語に合った活用を見事にこなす自分に惚れ惚れする快感もあるんだ。それに活用さえこなしておけば主語を省いてもほとんど問題がないのがスペイン語で、主語の明示を避ける特徴のある日本語を母語とする日本人には親近感が湧くね。

 

それでは、このへんで動詞の活用をamar(アマール/愛する)を使って

一通り見てみよう。

 

スペイン語文の時制はけっこう種類があるけど、あまり欲張らないでまず「現在」「過去」「未来」の形を確認しよう。「現在形」はすでに知っているし、「過去」のうち「完了過去」(例: he amado エ アマード / 私は愛した)も確認済みだ。

だからここでは普通の「過去形」と「未来形」を知っておけば大抵のことには対応できるはずだ。

 

【過去】(過去のある一時点をとらえた普通の過去。点過去と呼ぶときもある)

 

(yo私は) amé(ア㋱)

 (tú君は) amaste(ア㋮ステ)

 (él彼は) amó(ア㋲)

 (nosotros我々は) amamos(ア㋮モス)

 (vosotros君達は) amasteis(ア㋮ステイス)

 (ellos彼らは) amaron(ア㋮ロン)

 

amé amó はアクセント記号に注意だよ。カタカナで〇で囲んだ所にアクセントを置くんだ。

 

【未来】(未来の行為や状態を不完了の姿で表す普通の未来)

 

 

(yo) amaré(アマ㋹)

 (tú) amarás(アマ㋶ス)

 (él) amará(アマ㋶)

 (ns) amaremos(アマ㋹モス)

 (vs) amaréis(アマ㋹イス)

 (ellos) amarán(アマ㋶ン)

 

未来形amaremosのほかは全部アクセント記号がついている。つまり、スペイン語では例外的なアクセント箇所が多いということだ。スペイン語のアクセント規則は今までのレッスンですでに確認してあるよ。

 

今日はとりあえず次の呪文を唱えてから寝よう。

 

★(去年、彼女 / 彼を)「ア㋱、ア㋮ステ、ア㋲、ア㋮モス、ア㋮ステイス、ア㋮ロン」

 

★(明日、彼女 / 彼を)「アマ㋹、アマ㋶ス、アマ㋶、アマ㋹モス、アマ㋹イス、アマ㋶ン」

 

Buenas noches.(ブエナス ノーチェス おやすみなさい)




<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ 

tag : スペイン語 過去形 未来形 ハ行の発音

 
スペイン語はいかが(18)巻き舌で「腹(jarra)にジョッキ飲み」

(*写真: グラナダのアルハンブラ宮殿Alhambra「アラヤネスのパティオ」。晴天にはコマレス宮が水面に美しく映える。スペイン語ではhを発音せず「アランブラ」と言う。スペインがイスラム文化の美を残してくれたことに感謝)



スペイン語はいかが(18)巻き舌で「腹jarra)ジョッキ飲み」

 

「ち」で始まる日本語「地下」の発音にchica(女の子)があるのはもう知っているよね。その女の子を「地下子」と呼ぼう。もちろん「男の子」ならchico(チコ)になる。

 

他のタ行音は取り上げる程のものもないから飛ばしてナ行音に入ろう。

 

「な」で始まる日本語の発音「鉈(なた)」にnata(生クリーム)がある。鉈のようなナイフでパンに塗るイメージで「ナタクリーム」と覚えればいい。

 

例えばBrazo de Nata(ブラそ デ ナタ)というお菓子がある。Brazo(腕)のような?ロールケーキ系のものはこう言うようだ。

 brazo de nata

ハ行にいこう。

 

「は」で始まる日本語「腹」に近い発音にjarraジョッキrrは巻き舌)がある。「腹にジョッキ飲み」 と覚えればいい。

jarra.png  

jarra de cerveza(ハラ デ せルベッサ / ジョッキビール)やjarra de sangria(ハラ デ サングリア / ジョッキサングリア)のように使う。

 

jarra de sangriaは、これから各自のグラスに注いで飲むための大きめの器だ。

 

sangriaサングリア)は赤ワインをベースにフルーツなどで甘味を加えたスペイン・アンダルシア地方の代表的な飲み物だ。その色から「血」を意味するsangre(サングレ) という単語に由来した名前なんだ。

jarra de sangria  

バ行には「馬鹿」の発音でvaca(牝牛)があることはもう知っているね。さて、「バレー」の発音に近いものでvale(バれ)がある。スペインでは「OK。分かった」の意味で頻繁に使われる。「OKバレー」と覚えておく。

 

だけど、中南米ではほとんど聞かれない。スペインでスペイン語を習った私もほとんど癖になっているくらいvaleを連発するが、メキシコではOK(発音も英語の「オーケー」)のほうが主流のようだ。

<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


tag : スペイン語 ジョッキ サングリア

 
バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ