2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
サンティアゴ巡礼2016(23日目。7月24日、日曜):食べても食べても「身体の生命維持機能は自転車操業」となる巡礼の過酷さを知る、カリオンからテラディージョス へ 

 


20160724_115630.jpg

サンティアゴ巡礼
201623日目。724日、日曜):食べても食べても「身体の生命維持機能は自転車操業」となる巡礼の過酷さを知る、カリオン(Carrión)からテラディージョス(Terradillos)へ 

 

今朝は手早く朝食を済ませてカリオンを6時半頃出発。宿泊予定地をカルサディージャと考えていたが、意外と早く到着してしまったので、巡礼仲間からの情報を得て更に6km先のテラディージョス(Terradillos)まで足を延ばすことにした。


13時ごろアルベルゲに着き、シャワーを浴びて直ぐ昼食。スパゲッティをたっぷりの量で胃に入れて、ビール、赤ワイン、1テーブル分の水、コルタードエスプレッソ。これで少しは体重を増やせたかな。


考えてみれば、毎日
1000m級の山、時には2000m級の山々を幾つか越えて25km前後の距離を歩いていて、それが1ヶ月半続ける巡礼旅である。食べても食べても身体の生命維持機能は自転車操業のはずだ。


巡礼中は何を食べても良し、と自分に許可を与えている。脂こい物、甘い物、かまわず手に入った時に食べる。人間の身体はよく出来ているもので、食べる量がエネルギーの消費に追いつかなければ、入って来る食料を今最も必要な栄養分に変えてくれる。実感としてそんな気がする。


この投稿文をいまベッドの上で書いている。その様子をそばにいたスペイン人のルーム仲間に撮ってもらった。痩せて真っ黒になった日本ザルが写っているではないか
! 


落下防止の枠が付いていれば私は上段のベッドを選ぶようにしている。下段だと上段の人次第で夜中カサゴソとした音に悩まされることがあるからだ。





20160724_065904.jpg 20160724_070406.jpg 20160724_070403.jpg 20160724_070623.jpg 20160724_071459.jpg 20160724_071735.jpg 20160724_071508.jpg 20160724_072654.jpg 20160724_072656.jpg 20160724_072702.jpg 20160724_072708.jpg 20160724_072705.jpg 20160724_090242.jpg 20160724_090243.jpg 20160724_090249.jpg 20160724_093154.jpg 20160724_093156.jpg 20160724_094722.jpg 20160724_094724.jpg 20160724_112420.jpg 20160724_115620.jpg 20160724_115630.jpg 20160724_115659.jpg 20160724_123445.jpg 20160724_134922.jpg 20160724_134925.jpg 20160724_195137.jpg 


<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ




スポンサーサイト

tag : スペイン サンティアゴ巡礼 カリオン テラディージョス アルベルゲ ベッド 上段 下段

 
サンティアゴ巡礼2016(22日目。7月23日、土曜):シスターたちとの楽しいフィエスタが待っている、ボアディージャからカリオンへ 




サンティアゴ巡礼201622日目。723日、土曜):シスターたちとの楽しいフィエスタが待っている、ボアディージャ(Boadilla)からカリオン(Carrión)へ ·

 

今朝は、ボアディージャ(Boadilla)の宿を6時半頃出発。スペイン北部を西へ移動しているので、日の出時間も日に日にと遅くなってきた。


巡礼者は次の宿泊予定地までの行脚に掛かる時間とその日の天候を考えて各々出発時間を決めて行く。私もたいてい
5時頃になると目が覚め、暗い室内でそろりと出発準備に荷物の整理などを始める。


巡礼路にあるアルベルゲは、サンティアゴ巡礼者のための宿泊施設で、安価な料金で泊めてくれる。利用するには、これまで通ってきた各地のスタンプが押してあるクレデンシアルとパスポートなどの
IDが必要である。


自治体や教会などが運営している施設や私営の施設もある。施設自体はユースホステルを想像すれば良い。意外と近代的で新しい施設が多い。二段ベッドが幾つもはいっている部屋が数室あり、ベッドは来た順で割り当てられ、男女を分けたりはしない。


共用だが普通は予約などせずに着いてから泊まるアルベルゲを決める。シャワー室、トイレも男女共用の所が普通だ。あら、いやだ、なんて気取っていては着替えも出来ないのだ。私の見た感じでは巡礼者は老若男女、ほぼ均等に巡礼に参加している。


上は
80歳ぐらいから歩いているそうで、今回私が逢った最年少は5歳の男の子。頑丈そうなベビーカーを夫婦で押して行脚していて、正直仰天した。あの岩だらけの傾斜の厳しい坂道はどうするんだろう?とか心配してしまう。それも海外からの参加者だ。


さてこの日、カリオン(Carrión)のアルベルゲに13時頃到着し、シャワーを浴びて昼食を摂った。パエリヤ、ビール、コルタードエスプレッソ。



その後の時間の使い方は、まずスーパーか食料品店で道中の飢え死にを防ぐため口に入れるものを買っておく。そのあと、その日身につけていた全ての衣服を洗濯。洗濯機を利用するときもあるが、大抵は手洗いで外干しだ。


それが終わって、世界各国から来た巡礼者たちとテーブルを囲んでコーヒータイム。そうこうしているうちに日が落ち、軽く夕食を済ませて明日の行脚の準備確認をして、夜
9時にはほとんど自分のベッドの上で本を読んだりスマホをいじったり、荷物の確認をして、10時には就寝だ。巡礼者の一日は意外とやることが多いのである。



この日は、夕方
6時からアルベルゲの狭いホールに教会のシスターたちと巡礼者たちが集まって交流会が開かれた。一通り自己紹介をしてからシスターたちが主導して皆で歌を数曲歌って楽しい時間を過ごした。


巡礼者の中でギターを弾いたり歌を歌ったりして、大いに盛り上がった。このあと
8時から隣に隣接している教会でミサが行われ、私も参加した。


ミサの最後に、巡礼者たちの出身国が紹介され、アジアからは私一人の参加だった。ミサが終わって
9時頃から宿泊者とシスターたちが共同で夕食を作りフィエスタが始まった。

こんなわけで、この日はベッドに入ったのが10時を過ぎていた。



20160723_070452.jpg 20160723_070511.jpg 20160723_073312.jpg 20160723_073323.jpg 20160723_074155.jpg 20160723_073334.jpg 20160723_074214.jpg 20160723_074438.jpg 20160723_074510.jpg 20160723_074514.jpg 20160723_074520.jpg 20160723_074920.jpg 20160723_074926.jpg 20160723_075014.jpg 20160723_074941.jpg
20160723_080334.jpg 
20160723_084149.jpg 20160723_084820.jpg
20160723_093137.jpg 
20160723_093144.jpg 
20160723_093149.jpg 20160723_095139.jpg
20160723_095307.jpg 
20160723_095317.jpg 20160723_095314.jpg
20160723_100953.jpg 
20160723_095323.jpg 
20160723_100956.jpg 20160723_101001.jpg  20160723_103019.jpg
20160723_103023.jpg 
20160723_103516.jpg 
20160723_103528.jpg 
20160723_103531.jpg 
20160723_104630.jpg 
20160723_112415.jpg 
20160723_113338.jpg 20160723_114918.jpg
20160723_114923.jpg 
20160723_120221.jpg 
20160723_120225.jpg 
20160723_122253.jpg 
20160723_122455.jpg 
20160723_122421.jpg 
20160723_134240.jpg20160723_135521.jpg20160723_154231.jpg20160723_154238.jpg    
20160723_154252.jpg 
20160723_185356.jpg 
20160723_185400.jpg20160723_154542.jpg20160723_185655.jpg         



20160723_193807.jpg 
 20160723_193821.jpg   20160723_194240.jpg 20160723_214437.jpg 20160723_214359.jpg 20160723_214858.jpg 20160723_214901.jpg 20160723_220242.jpg 20160723_220453(0).jpg  20160723_220957.jpg 











<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ





tag : スペイン サンティアゴ巡礼 ボアディージャ カリオン シスター フィエスタ

 
サンティアゴ巡礼2016(21日目。7月22日、金曜):日本の仏教徒?がキリスト教巡礼を行く、オンタナス(Hontanas)からボアディージャ(Boadilla)へ 

サンティアゴ巡礼201621日目。722日、金曜):日本の仏教徒?がキリスト教巡礼を行く、オンタナスHontanas)からボアディージャBoadilla)へ 

 

今朝は夜明け前にオンタナスHontanas)を出発。暫くは野中の一本道だから暗くても間違えることはない。


やがて背後からうっすらと明るみが感じられて来て、数分経つ行く手の丘の稜線が浮き上がって来る。後ろからブラジル人の女子
2人が声を掛けて来て、私の写真を撮ってくれたが、やはり、スマホカメラの限界。ほとんど写っていない。


前の丘陵が赤みを帯びてきて、日の出が始まる。東の空を振り向くと、木の葉の間から差すような光が漏れ、私の影を長く伸ばす。


サンティアゴ巡礼路に強盗が出る話は聞いたことがないし、私の過去三度の巡礼経験でも、全くその気配すら感じたことはない。


従って、早朝、夜明け前の真っ暗な巡礼路を歩くことに躊躇する巡礼者はまずいないのではないだろうか。道中、一人巡礼の若い女子にも結構出逢う。


それもスペインだけでなく私が話を交わしただけでも、ポーランド、イタリア、米国など外国から参加している。男女を問わず私のように一人巡礼が意外に多い。それだけサンティアゴ巡礼路が特にキリスト圏の人々にとって、一度は歩きたい、と想われている道なのだろう。


アジアからの巡礼者は韓国人がほとんどだが、今回私が出逢ったフィリピン人、台湾人もいる。今回私はまだ出逢っていないが日本人も僅かだがいる、と聞く。たまにキリスト教徒か、と訊かれることがあるが、私は仏教徒と答えることにしている。


無信心な私だが、無神教主義者は人でなし、と思う人も多い国際社会では、まず私は仏教徒と答え、日本では仏教と神道が宗教の中心だが信仰心はそれほど強く示さないのが現代日本の国民性だ、と軽く説明する。


その上で、私は旅と歩くのが好きだからこの巡礼に参加している、と本音を言う。大抵はこれで納得してくれる。


 今日の行脚は約23km12時半には宿泊予定地のボアディージャBoadilla)に到着。そのアルベルゲは2年前にも利用したことを思い出した。その後続々と顔見知りの巡礼者達が到着し、無事の再会を喜び合った。



 
今日の昼食は、ニンニクスープ(日本人はすごく熱いのが好きだよ、と前もって言っておいた。猫舌の欧州人に合わせた冷めたスープにされることがあるからだ)、アルボンデガス(肉団子に生野菜を添えた料理)、赤ワイン、ビール、デザートにメロン、最後の腹の収めはコルタードエスプレッソ。値段の割にはアテンドの良いレストランで満足。

 



 
 

 
 
 
20160722_062928.jpg 20160722_063032.jpg 20160722_063404.jpg 20160722_062947.jpg 20160722_063920.jpg 20160722_064118.jpg 20160722_064816.jpg 20160722_064525.jpg 20160722_070653.jpg 20160722_071759.jpg 20160722_071812.jpg 20160722_071822.jpg 20160722_071850.jpg 20160722_071939.jpg 20160722_071943.jpg 20160722_071947.jpg 20160722_072353.jpg  20160722_072403.jpg 20160722_072450.jpg 20160722_072500.jpg 20160722_072512.jpg 20160722_073120.jpg 20160722_073820.jpg  20160722_073900.jpg 20160722_074708.jpg 20160722_075822.jpg 20160722_080113.jpg 20160722_074944.jpg 20160722_080327.jpg 20160722_080330.jpg 20160722_081706.jpg 20160722_080656.jpg 20160722_081847.jpg 20160722_082319.jpg 20160722_082856.jpg 20160722_083012.jpg 20160722_083207.jpg 20160722_083214.jpg 20160722_083817.jpg 20160722_083824.jpg 20160722_070646.jpg  20160722_090538.jpg 20160722_084035.jpg 20160722_084055.jpg 20160722_090741 - コピー 20160722_090553 - コピー (2) 20160722_090739 - コピー 20160722_090743.jpg 20160722_090746.jpg 20160722_090752.jpg 20160722_090940.jpg 20160722_090942.jpg 20160722_091245.jpg 20160722_091244.jpg 20160722_090945.jpg 20160722_091250.jpg 20160722_091247.jpg 20160722_091251.jpg 20160722_091314.jpg 20160722_091916.jpg 20160722_091918.jpg 20160722_091913.jpg 20160722_092026.jpg 20160722_092639.jpg 20160722_092641.jpg 20160722_092637.jpg 20160722_092644.jpg 20160722_092647.jpg 20160722_092649.jpg 20160722_092808.jpg 20160722_092816.jpg 20160722_103705.jpg 20160722_104019.jpg 20160722_104027.jpg 20160722_104346.jpg 20160722_104034.jpg 20160722_104504.jpg 20160722_104508.jpg 20160722_104650.jpg   20160722_113114.jpg 20160722_113121.jpg 20160722_121314.jpg 20160722_121744.jpg 20160722_121750 - コピー  20160722_121747 - コピー 20160722_121753 - コピー 20160722_124316 - コピー 20160722_140000.jpg 20160722_140006.jpg 20160722_141106.jpg 20160722_141110.jpg 20160722_143100.jpg 20160722_143745.jpg 20160722_143848.jpg 20160722_201932.jpg 20160722_201945.jpg 20160722_202035.jpg




<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ




tag : スペイン サンティアゴ巡礼 オンタナス ボアディージャ 仏教徒 キリスト教

 
サンティアゴ巡礼2016(20日目。7月21日、木曜):猛暑のなか一日本人巡礼者の足跡を石に刻みつつ、ブルゴス(Burgos)からオンタナス(Hontanas)へ 
17361652_1343498935738471_5977309214054258987_n[1]





サンティアゴ巡礼201620日目。721日、木曜):猛暑のなか一日本人巡礼者の足跡を石に刻みつつ、ブルゴス(Burgos)からオンタナス(Hontanas)へ 






 

今朝は7時過ぎにブルゴス(Burgos)のアルベルゲを出発。フランスのサン.ジャンから歩き始めた巡礼者(私はその前にパリから8日間フランスを歩いている)はそろそろ疲れが出て来ているようだ。



何よりも陽差しの強さ、暑さが身体をボディブローのように傷めつけている。しかも今日は宿泊予定地オンタナス(
Hontanas)まで約30km歩くことになる。



丘陵の一本道を真夏のスペインの陽射しを浴びながら、ひたすら歩く。日射しから逃げる木陰さえもほとんどなし。



私は例のごとくスタスタとリズムを崩さず宿を早出でのグループも結局は抜いてしまい、ハポネス
(日本人)畏るべし、と引かれる可能性あり。



丘陵の頂上に積まれた石の一つに天野の「あ」と日付を書き残しておいた。いつかここに来る他の日本人巡礼者への励みになれば、と。



消耗しながらも
2時頃オンタナス(Hontanas)の宿に到着。すぐシャワーを浴びてレストランへ。



 
今日の昼食は、レンズ豆の煮込み、鮭のタルタルソース掛けと白飯、デザートには取り敢えず訊いてみたメロンがあった。いつものようにビール。コルタードエスプレッソ。



空腹に耐えざるを得ない道のりなので、胃が縮小してしまった感じがする。これ以上痩せてきたら歩き巡礼を続ける上でまずい。頑張って食べるのも巡礼の一環である。







17264935_1343493312405700_4225295192795496696_n[1] 17309193_1343484439073254_1485273982657894655_n[1] 17353441_1343497385738626_7959089394295520299_n[1] 17309596_1343500352404996_1887650265213226497_n[1] 17361652_1343498935738471_5977309214054258987_n[1] 17362401_1343499539071744_4184002825856733546_n[1] 17362466_1343487475739617_21832217042469896_n[1] 17425997_1343476719074026_2914825575723826398_n[1] 17434722_1343491612405870_7657293390408160915_o[1] 20160721_071447.jpg 20160721_071457.jpg 20160721_071653.jpg 20160721_071927.jpg 20160721_073035.jpg 20160721_073221.jpg 20160721_071916.jpg 20160721_073431.jpg 20160721_074346.jpg 20160721_083404.jpg 20160721_083406.jpg 20160721_083300.jpg 20160721_083409.jpg 20160721_083826.jpg 20160721_083835.jpg 20160721_083416.jpg 20160721_083842.jpg 20160721_083856.jpg 20160721_085322.jpg 20160721_085324.jpg 20160721_085318.jpg 20160721_090738.jpg 20160721_090848.jpg 20160721_091003.jpg 20160721_090959.jpg 20160721_091510.jpg 20160721_091524.jpg 20160721_095720.jpg 20160721_094921.jpg 20160721_095730.jpg 20160721_095723.jpg 20160721_095728.jpg 20160721_095726.jpg 20160721_101258.jpg 20160721_101506.jpg 20160721_101511.jpg 20160721_101539.jpg 20160721_101541.jpg 20160721_101549.jpg 20160721_101551.jpg 20160721_101558.jpg 20160721_102759.jpg 20160721_101821.jpg 20160721_101603.jpg 20160721_103354.jpg 20160721_103414.jpg 20160721_103416.jpg 20160721_103420.jpg 17426364_1344441872310844_73520956697380192_n[1] 20160721_104133.jpg 20160721_104536.jpg 20160721_105359.jpg 20160721_105406.jpg 20160721_105408.jpg 20160721_105423.jpg 20160721_105637.jpg 20160721_105653.jpg 20160721_105656.jpg  20160721_105659.jpg 20160721_105706.jpg 20160721_105719.jpg 20160721_110945.jpg 20160721_110958.jpg 20160721_111010.jpg 20160721_111024.jpg 20160721_111100.jpg 20160721_111103.jpg 20160721_111111.jpg 20160721_111223.jpg 20160721_111229.jpg 20160721_111242.jpg 20160721_115311.jpg 20160721_115420.jpg 20160721_115423.jpg 20160721_115659.jpg 20160721_115703.jpg 20160721_124259.jpg 20160721_115705.jpg 20160721_124248.jpg 20160721_124342.jpg  20160721_124735(0).jpg 20160721_124726.jpg 20160721_124737.jpg 20160721_124743.jpg 20160721_125112.jpg 20160721_124754.jpg 20160721_130315.jpg 20160721_130507.jpg 20160721_130515.jpg 20160721_130325.jpg 20160721_130321.jpg 20160721_131526.jpg 20160721_131528.jpg 20160721_131539.jpg 20160721_131531.jpg 20160721_131534.jpg 20160721_131542.jpg 20160721_131549.jpg 20160721_140427.jpg 20160721_131546.jpg 20160721_151807.jpg 20160721_151758.jpg 20160721_140616.jpg 20160721_153929.jpg 20160721_154937.jpg 20160721_161236.jpg 20160721_160323.jpg 20160721_154945.jpg 20160721_161051.jpg






<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ








tag : スペイン サンティアゴ巡礼 ブルゴス オンタナス

 
サンティアゴ巡礼2016(19日目。7月20日、水曜):野花と方向音痴を愉しみながら、アヘス(Agés)からブルゴス(Burgos)へ 


 





サンティアゴ巡礼
201619日目。720日、水曜):野花方向音痴を愉しみながら、アヘス(Agés)からブルゴス(Burgos)へ 

 

私の中の日本の姿は、清冽な抒情性。

赤い花でなく、鮮やかな凛とした青の野花を見たとき、何故か遠く後ろから呼ぶ声が聞こえた…気がした。

 

今朝はまだ夜明け前にアヘス(Agés)の宿を出発。昨日の暑さにほとほと参った巡礼者たちが今日は陽が昇らないうちに歩こう、ということで5時にはベッドを空にしていた人が多かった。



本来なら朝ゆっくりしたい私も暗い巡礼路をスマホでサンティアゴへの黄色い矢印を探しながら歩いて行く。これだけ世界の色々な所を旅しながら、私はひどい方向音痴なのだ。



これは文学少年だった思春期に影響された作家、安部公房の方向音痴に感化?されたからだと思う。だから方向を確認する際はかなり慎重だ。それでも巡礼路を外して歩き、他の巡礼者に、違うよ、と教えられたことも何度かある始末だ。韋駄天(いだてん)で希少な日本人巡礼者ということで有名?になっている私には巡礼者たちから色々声を掛けてもらっている。



先日などは、台湾の若者二人が巡礼路を外れてスタスタ歩いて行く私をかなり追いかけて来て道が違うことを教えてもらった。方向音痴というよりも、どうも私は、迷い人願望、がある気がする。さて、ここはどこだろう?という状況に自分を置いてみることに心ワクワクするようだ。まあ、迷い人になるのは勝手だが、周囲からすると、はた迷惑に違いない。



ブルゴスの街に入ったのが10時半ごろだったが、アルベルゲに着いたのがそれから1時間後。さらに30分待ってようやく今日の宿泊の手続きとなった。ブルゴス(Burgos)は、フランス人の道、を歩き始めてから最も大きな街である。





 
今日の昼食は、ガスパッチョと茹で卵と薬味セット、鶏とジャガイモのカレー煮。自家製ヨーグルト、ビール、コルタードエスプレッソ。美味かった♪今日のレストランは当たりだった。




20160720_061228.jpg 20160720_063011.jpg 20160720_061314.jpg 20160720_061304.jpg 20160720_063020.jpg 20160720_063052.jpg 20160720_063539.jpg 20160720_063533.jpg 20160720_065244.jpg 20160720_065238.jpg 20160720_065425.jpg 20160720_071018.jpg 20160720_071841.jpg 20160720_071030.jpg 20160720_071846.jpg 20160720_071109.jpg 20160720_071848.jpg 20160720_071855.jpg 20160720_071940.jpg 20160720_071954.jpg 20160720_072209.jpg 20160720_072157.jpg 20160720_072356.jpg 20160720_072217.jpg 20160720_072627.jpg 20160720_072404.jpg 20160720_072408.jpg 20160720_072922.jpg 20160720_072930.jpg 20160720_073142.jpg 20160720_073147.jpg 20160720_073135.jpg 20160720_073154.jpg 20160720_073832.jpg 20160720_073840.jpg 20160720_073836.jpg 20160720_073843.jpg 20160720_073847.jpg 20160720_073856.jpg 20160720_073854.jpg  20160720_075338.jpg 20160720_075727.jpg 20160720_075732.jpg 20160720_090123.jpg 20160720_090130.jpg 20160720_083037.jpg 20160720_090129.jpg 20160720_090140.jpg 20160720_101138.jpg 20160720_103740.jpg  20160720_104045.jpg 20160720_115232.jpg 20160720_104102.jpg 20160720_125800.jpg 20160720_115235.jpg 20160720_125811.jpg  20160720_125940.jpg 20160720_133243.jpg 20160720_133250.jpg 20160720_135846.jpg 20160720_134105.jpg 20160720_134111.jpg 20160720_134107.jpg 20160720_173536.jpg 20160720_135849.jpg 20160720_140434.jpg 20160720_140430.jpg 20160720_180142.jpg 20160720_180232.jpg 20160720_174237.jpg 20160720_174049.jpg 20160720_180236.jpg



<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ






tag : スペイン サンティアゴ巡礼 アヘス(Agés) ブルゴス(Burgos) 野花 方向音痴

 
バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ