2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
バルセロナから(2017年8月23日): バルセロナの百円ショップで日本のキャラクターたちが…

バルセロナから(2017年8月23日): バルセロナ百円ショップで日本のキャラクターたちが…


私のいつもの散歩道にはバサール(Bazar。スペイン語のZは英語のthの発音)と書いてある店がある。いわゆる百円ショップである。


ショーウィンドウで肩寄せ合っているのは日本生まれのお馴染みのキャラクターたち、ドラエモン、キティちゃん、ポケモンたちが見える。


バルセロナ百円ショップはどこも中国の人たちがやっていて、だいたい 1ユーロ前後のものが売られている。


ちなみに個人経営的な規模のミニスーパーマーケットのほとんどはパキスタン人がやっている。パキスタン人はバルをやって人も目立つ。その歴史的経緯はよく分からないが、それぞれバルセロナ発展の歴史の中で役割が伝統になってきたのだろう。


日本人居住者は少数派かつ大人しいので、こういう伝統的役割は日本食レストラン以外に思い浮かばない。



<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ




スポンサーサイト

tag : スペイン バルセロナ 百円ショップ キャラクター 中国人 パキスタン人

 
バルセロナから(2017年8月21日):世界遺産サン・パウ病院横を上るお気に入り散歩道

バルセロナから(2017年8月21日):世界遺産サン・パウ病院横を上るお気に入り散歩道


私のお気に入りの坂道である。サグラダ・ファミリアからガウディ通りを上って行くと、やがて正面に世界遺産のサン・パウ病院が翼を広げて迎えてくれる。


その正面前を左に行き、病院敷地を囲む土塀に沿って、ちょっと勾配のきつくなる坂道に足を運ぶ。小学校の校舎を左に見て更に急な坂道を上り切ると大通りにぶつかる。


心地良い汗をかいて息をつくと、あとは左に折れてなだらかな下り道に身を預けるだけだ。


さて、あそこの果物屋でも覗いてみるか。




<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

tag : スペイン バルセロナ 散歩道 お気に入り 世界遺産 サンパウ病院 ガウディ通り サグラダファミリア

 
バルセロナから(2017年8月19日):ランブラスの事件以後、初めてサグラダファミリアを訪れる。

バルセロナから(2017年8月19日):ランブラスの事件以後、初めてサグラダファミリアを訪れる。


先日のランブラス通りでの出来事にも拘わらず、サグラダ・ファミリアでは相変わらず多くの観光客が訪れている。

私がバルセロナを留守にしていた一ヶ月の間にも目に見えるほどの建築が進んでいた。それを見上げる人々の上気した顔、顔、顔。事件前と変わらない。

ただ、その周りに配置されている警官たちの緊張感は感じられる。

早く日常を取り戻すこと、これが世界が前に進むために大事だ。



<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

 

tag : スペイン バルセロナ ランブラス通りの事件 サグラダファミリア 日常

 
バルセロナから(2017年6月30日:あす朝早くの便でミラノへ飛ぶため空港行きバスの停留所を確認しに通ったカタルーニャ広場の噴水と彫像たち)

バルセロナから(2017年6月30日:あす朝早くの便でミラノへ飛ぶため空港行きバスの停留所を確認しに通ったカタルーニャ広場の噴水と彫像たち)


さて、そろそろリュックを背負って出かけよう。朝早い便でミラノへ飛ぶ。飛び道具?を使うのは旅の初めと終わりのバルセロナ・ミラノ間だけ。


あとは28年前と同じように、地べたを這い海面を滑ってヨーロッパを愉しむ。今よりもう少し若かったあの頃の記憶を道連れにして。ミラノの次はとりあえずベネチアかな。


今日は夏休み前の最後の日本語授業として上級クラスと初級クラスを終えたあと、プラット空港までの夜行バスの停留所を確認しにカタルーニャ広場に寄った。


バルセロナの夏空に気持ちよさそうに吹き上がる噴水に彫像たちも涼しげだった。






<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ



tag : スペイン バルセロナ カタルーニャ広場

 
バルセロナから(2017年6月29日:28年ぶりの「ぶらり欧州一人旅」を二日後に控えてひとりワクワク)

バルセロナから(2017年6月29日:28年ぶりの「ぶらり欧州一人旅」を二日後に控えてひとりワクワク)


あさってからヨーロッパをぶらりと巡る。


かつてメキシコ滞在の折り、ヨーロッパ一周ひとり旅を試みた。
まず、スペインのマドリードへ飛び、そこからスイスのジュネーブまで長距離バスで行く予定だった。


あの旅には、実は最初に大きな誤算があった。  
予定では、スイスのジュネーブから東西ヨーロッパを廻り、最後にまたジュネーブに寄ってマドリードに戻るつもりだった。


ところが、スペインのマドリードからスイスのジュネーブへ向かうはずの長距離バスが、なんと、イタリアのジェノバに着いてしまったのである。


マドリードで長距離バスの切符を受け取ったとき、何となく嫌な予感が頭をよぎり、切符売り場のセニョリータに確認してはいたのである。受け取った切符を見ると、
「GENOVA」
と書いてあった。
それで、私は乗車券売り場の女性に
「行くのはジュネーブだよ。ジェノバじゃないよ」
と確認した。が、彼女は自信たっぷりに「間違いない」と答えたものである。後で調べてみると

イタリアの「ジェノバ」のイタリア語のつづりは「GENOVA」

スイスの「ジュネーブ」の英語つづりは「GENEVA」

両者は「O」と「E」の一文字しか違わない。一文字の違いで国を違えたのである。
因みに、ジュネーブの公用語であるフランス語の「ジュネーブ」は「GENÈVE」で、英語の「ジェノバ」は「GENOA」である。


こうして私の東西ヨーロッパひとり旅は、計画通りとはいかず、最初の訪問国がスイスからイタリアになってしまったのである。
だが、こうしたハプニングこそ一人旅の醍醐味でもある。最初から実にワクワクした旅立ちとなったわけである。


この旅は1989年の夏だった。この年の11月にはベルリンの壁が崩壊し、結果的に社会主義体制の東ヨーロッパを巡る最後の機会となったわけである。



あれから28年、とくに東欧諸国は今どうなっているのか、考えただけでもワクワクしてくる。
今回はまずイタリアのミラノへ飛び、そこからは初め東へ、次に南へ、ギリシャ、トルコを訪ね、そこから北へ、東欧を突き抜けていく。


基本はかつての旅と同様、無計画の計画、旅をしながら創る旅。 ちょうど一ヶ月の時間をとってある。


いろいろと旅のイメージを浮かべながら、帰路、ふと見上げると、鮮やかなピンクの花が満開の木が真っ青な空に枝を伸ばしていた。








<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ


tag : スペイン バルセロナ ピンクの花 ぶらり 欧州 東欧 1989年 ベルリンの壁の崩壊 社会主義国 ふたたびのヨーロッパ旅行

 
バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。