2016/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
 バルセロナから(2016年9月30日:サグラダファミリア「受難のファサード」の動画)

バルセロナから(2016年9月30日:サグラダファミリア受難のファサード」の動画

サグラダファミリア動画を撮ってみた。西日が当たっている「受難のファサード」に向けてスマホの動画操作を始めると、ちょうど鐘楼の鐘が鳴り響いた。相変わらず観光客で溢れている人気スポット。何が人々を惹きつけているのだろうか。
9月も一日も欠かさず「バルセロナから」の投稿を続けることができた。今年の3月10日に前タイトル「今日のバルセロナ」を投稿し始めてから今日まで、途中「サンティアゴ巡礼」期間を除いて、一日も欠かさないで投稿し続けられた。
時間的に投稿などとても無理だと思う日もあるが「考えること」「書くこと」「続けること」をモットーに出来るだけこつこつと投稿し続けていきたい。


         ↓
https://www.facebook.com/shuji.amano.53/videos/1175177295903970/


<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
スポンサーサイト

tag : スペイン バルセロナ サグラダファミリア 受難のファサード 動画

 
バルセロナから(2016年9月28日:「人間の塔」のアニメーション)

バルセロナから(2016年9月28日:「人間の塔」のアニメーション


スマホをいじっていたらカタルーニャの伝統競技である「人間の塔」Castell(城の意味)のアニメーションがいつの間にか出来ていた。私の数枚の連続写真を使っている。自動的に作成されているのだろうか。私の手柄ではないですが、なかなか面白いのでアップします。いまだに使いこなせていないスマホ、、、う~む、どうなっているんだろう。(^_^;) (*最初に出たのを更にクリックすると大きな画面になります。頂上に登っていく女の子の動きに注目!)





https://photos.google.com/share/AF1QipNC7LJN1x4wUseQ4rqTOyOa22qJbp7iJ7Z-3FhPS3b6JTx19lW_zSnsILvqOcUHJg/photo/AF1QipNXfyIwzjdsGs7O6N8L3v9gmxV8kregHNyCO4tJ?key=UDRvZmxvWkxSWkZwVTh6SzhCUlFnWFFkb1RhcEJ3


<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 

tag : スペイン バルセロナ 人間の塔 アニメーション

 
バルセロナから(2016年9月29日:「八回」は「ハッカイ」か「ハチカイ」か)

バルセロナから(2016年9月29日:「八回」は「ハッカイ」か「ハチカイ」か)

日本語クラスのある学生が「八回」を「ハッカイ」と読んだ。他の学生から*「ハチカイ」ではないですか?と質問が出た。確かにNHKニュースなどでは「ハチカイ」と読んでいる。だが『西遊記』の豚キャラ「猪八戒」は「ちょハッカイ」だし、「八」の後にK音が続く『南総里見八犬伝』の「八犬」も「ハッケン」である。他に「四苦八苦」の「八苦」も「ハック」だと気づく。「八」の後がP音の場合の「八方塞がり」は「ハッポウふさがり」、T音の場合の「八頭身」は「ハットウしん」、S音の場合の「八朔」(ミカンの種類)は「ハッサク」etc.と、「八」を「ハッ」と読むのは馴染みのある読み方である。助数詞を付ける際、「八回」「八本」「八トン」「八勝」の「八」を「ハチ」とするか「ハッ」とするか。日本でも地域によって異なるのだろうが、今に伝えられる古典のタイトル名や故事成句の発音「ハッ」には伝えられるだけの理由があるのだろう。
今回の写真は、サンティアゴ巡礼でピレネー山脈を共に越えたフランス側での巡礼仲間とスペイン側で再会した際のもの。まるで旧友のように気持ちが通じ合っていた。

<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 

tag : スペイン バルセロナ 八回 ハッカイ ハチカイ

 
バルセロナから(2016年9月27日:世界遺産の穴場「サン・パウ病院」)

バルセロナから(2016年9月27日:世界遺産の穴場「サン・パウ病院」)

ガウディ通りを上り、サンパウ病院まで足を延ばした。1997年に世界遺産に登録され、2009年まで診療が行われていたが、現在は文化交流などの施設が入っている。アジア関係の本などが収められている図書館もある。ガウディの教授が設計したもので、ガウディ通りの対極にサグラダ・ファミリアが建設されている。比較的ゆったりとモダニズム建築が楽しめる穴場的名所になっている。写真は敷地内への入り口正面の建築物で羽を広げた鳳凰のような雄大さが魅力だ。ここを抜けると御伽の国へ紛れ込んだような錯覚を覚えるファンタジー溢れる建築群が聳えている。

<↓クリックすると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ 

tag : スペイン バルセロナ サンパウ病院 世界遺産

 
サンティアゴ巡礼2016 パリから歩く「パリ逍遥2」(巡礼出発前日:7月1日)

20160701_183717 え

サンティアゴ巡礼
2016 パリから歩く「パリ逍遥2」(巡礼出発前日:71日)

 

この二日間でパリ市内も結構歩き廻った。会議なども含めて5.6回はパリに来ているはずだが、まだ見ていなかったものも少なくない。そんなわけで、あれも見ようかこれも見ようか、となってきて、久しぶりのパリで、巡礼が始まる前に相当駆け回った。そこへ、あるレストランのテラス席でガスパッチョを旨そうに食べている客が目に入り、私も一服してパリのガスパッチョを。加えて、この地の赤ワインを一杯、と英気を養った。

二日目のパリ逍遙はモネの大作「睡蓮」が魅力のオランジュリー美術館とパリ・ピカソ美術館を中心に据えた。昨日のルーブルとオルセーの両美術館と合わせて計四つの美術館を訪問したことになる。ピカソ美術館はバルセロナを初め世界中にあるが、パリ・ピカソ美術館はどうしても訪問しておきたかった。ここは初訪問なので大変満足なパリ逍遙となった。セーヌ川の揺蕩う流れに架かる幾本もの橋の佇まいにも魅せられた。どうしても今住んでいるバルセロナとパリを較べてしまう。両都市とも伝統性と近代性をうまく両立していて似た者同士である。パリは魅力的な街だが、ちょっと図体がでかすぎる。私はバルセロナのコンパクトさが気に入っている。

さて、いよいよ明日からサンティアゴ巡礼の行脚を始める。ここパリで充分英気を養った。ホテルに戻ってワクワクしながら床についた。

  20160701_083213 え 20160701_105857.jpg 20160701_110418 え 20160701_112527 え 20160701_113202 え 20160701_113323 え 20160701_163610 え 20160701_163659 え 20160701_164115 え 20160701_165639 え 20160701_164514 え 20160701_163659 え 20160701_164442.jpg 20160701_180933 え 20160701_165005.jpg 20160701_165639 え 20160701_183717 え 20160701_184106 え 20160701_191953 え 20160701_193421 え 20160702_081525 え 20160702_092629 え 20160702_094446 え 20160702_102347 え 20160702_102931.jpg 20160702_103640 え 20160702_115023 え 20160702_114637 え 20160702_115031 え 20160702_115035 え 20160702_115358 え 20160702_115520 え 20160702_123541 え 20160702_121553 え 20160702_123620 え 20160702_120609 え 20160702_124048 え 20160702_124707 え 20160702_131429 え
 

<↓クリック
すると関係ブログが見られます>

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

tag : サンティアゴ巡礼 パリ オランジュール美術館 ピカソ美術館

 
バルセロナの情報&コミュニティサイト「バルセロナ生活」
Living in Barcelona, Spain 世界各国/地域に1サイトのみの海外日本人向けのサイトのバルセロナ版です。 読者による投稿型サイトなので、皆さんの投稿で出来上がっていきます。
最近の記事
カテゴリー
プロフィール

黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi

Author:黛 周一郎Shuichiro Mayuzumi
Centro de japonés
NAKAMA-ASOCIACIÓN PARA EL FOMENTO DEL INTERCAMBIO CULTURAL HispanoJaponés

FC2掲示板
FC2カウンター
連載「バルセロナの侍」「スペイン語を一か月でものにする方法」など
①小説「バルセロナの侍」 ②言語習得「スペイン語を一か月でものにする方法」 ③旅行記「ガラタ橋に陽が落ちる~旅の残像」 ④エッセイ「人生を3倍楽しむ方法 - なぜ日本を出ないのか」 を連載しています。
にほんブログ村
<↓クリックすると関係ブログが見られます>
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
人気ブログランキング
PC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ王
QRコード☛このブログのアドレスをケータイやスマホでメモできます。
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Publicación 出版著書 La esencia del Japonés
     ”La esencia del Japonés'      - Aprender japonés sin profesor     『日本語のエッセンス』ーひとりでまなぶにほんごー                    ↓
ブログ内検索
ブログ内記事リスト&リンク
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ